外貨両替の手数料について~賢くチェンジで得をする~

女性

銀行融資の特徴とメリット

ATM

銀行は信用をとても重視するので、期日をきちんと守って利用するようにしないとその後の利用に影響します。銀行カードローンは低金利で人気がありますが、それでも自動車ローンなどの目的別ローンと比べると高金利です。無理のない金額を借りることが大切です。

View Detail

不動産を担保に借り入れ

住宅

所有している不動産を担保とすることで、不動産担保ローンを利用することができます。安定した職や収入がなくても利用できる可能性がありますし、不動産の価値によっては高額を借り入れすることができます。使途の制限がなく、金利は低めで、返済期日までの年数は長めなので、利用しやすいことから人気があります。

View Detail

お金を借りる

クレジットカード

カードローンは分割で返済していくのですが、返済が滞ってしまうと遅延損害金などが課せられて利子が高くなるので気を付けましょう。カードローンを使用するにはまず最低限、審査に通る必要がありますし、年収によって利用可能額が異なります。

View Detail

主要通貨でないものに両替

ドル

メジャー通貨にしてから

外貨両替をするときに1つ困ることとして日本国内では取り扱いをしていない通貨に両替をするときです。こうしたときには、国内で取り扱いをしているところを探したとしても非常に高額な手数料を取られることになり、場合によっては大きな損をしてしまうケースがあります。こうした主要通貨外に外貨両替をするときには手数料をできるだけ安価にするポイントとして、いったん主要通貨に両替をして現地で交換する方法があります。一般的に世界で強いといわれている米ドルやユーロがその筆頭で、こうした通貨に外貨両替をして、現地に行ってから両替をすることで2度手数料を支払わなければいけませんが、結果的に手数料を安く済ませることができることもあります。

場合によってはカード

また、もう1つの工夫するポイントとしては、現金に両替をするのではなく、現地でクレジットカードを利用して決済をしてしまう方法です。クレジットカードで決済をすると外貨両替と同じように手数料が発生をします。しかし、この手数料が現金を両替して利用するよりも安価であるケースが多くあります。主要通貨であればあまり差がありませんが手数料が多くなってしまうような通貨の場合にはクレジットカードで決済をして日本円で引き落としをしもらったほうが現金払いよりお得になることが多いです。クレジットでの決済を前提にしてれば、多くの現金を持って移動をする必要がなくなるために防犯の面から考えても安全です。現金払いだけでなくカード決済も1つの方法にするとよいです。